スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サマランチ前会長 死去89歳 IOCで五輪の商業化推進(毎日新聞)

 1980年から21年間、国際オリンピック委員会(IOC)会長を務め、五輪の商業化やプロ選手の参加などを推し進めたフアン・アントニオ・サマランチ前会長が21日、心臓疾患のため、スペイン・バルセロナ市内の病院で死去した。89歳だった。

 バルセロナ出身。金融など実業家として地位を高め、フランコ独裁政権のもとでスポーツ官僚として活躍。駐モンゴル、駐ソ連大使なども務めた。66年からIOC委員となり、理事、副会長を経て、80年7月のIOC総会で第7代会長に当選した。

 就任後、最初の夏季大会となった84年ロサンゼルス五輪では大会組織委員会が世界的なスポンサー制度を導入し、財政難からの脱却に成功。これをきっかけに五輪の商業化を進めた。また、「五輪は最も優れた選手が競う場」と主張し、92年バルセロナ五輪ではプロ選手の参加を全競技に拡大した。

 しかし、五輪が巨額の利益を生むイベントとなったことで弊害も生まれた。98年長野、02年ソルトレークシティー五輪の招致をめぐっては、IOC委員にわいろが渡された疑惑が浮上。99年のIOC総会では6人の委員が除名され、自身も信任投票を受けた。

 01年に会長職を退き、終身名誉会長に就任。16年夏季五輪の開催地を決めた昨年10月のIOC総会には、立候補していたマドリード(スペイン)の応援演説に立ち、得票につなげる影響力を見せた。【百留康隆】

社会医療法人、94法人に(医療介護CBニュース)
移設先「サイパン、テニアン検討を」社民(読売新聞)
両さん像壊された…亀有のシンボル設置からわずか1か月(スポーツ報知)
<掘り出しニュース>参院選 県選管のキャッチフレーズ「みんな」取りやめ(毎日新聞)
無人駅の運賃ごまかし、百円単位でも刑事告訴へ(読売新聞)
スポンサーサイト

早稲田など3大学相乗り小型衛星 5月「あかつき」で打ち上げ(産経新聞)

 鹿児島大や早稲田大などの学生らが開発し、5月18日にH2Aロケットで打ち上げられる小型人工衛星3基が15日、宇宙航空研究開発機構(JAXA(ジャクサ))の関西サテライトオフィス(大阪府東大阪市)で公開された。3基は金星探査機「あかつき」を載せた空きスペースに搭載され、地球周回軌道に投入される。

 3基の衛星はいずれも一辺約10センチの立方体で、重さは1~1.5キロ。鹿児島大の「KSAT」は集中豪雨の予測実現に向け、地上に設置した4基のアンテナと組み合わせて高度千~2千メートルの水蒸気を観測する。早大の「WASEDA-SAT2」は宇宙空間でのQRコード(二次元バーコード)読み取りを実験する。創価大の衛星は市販部品で作った小型衛星用コンピューターが放射線にさらされる宇宙空間で正常に作動するかを試す。

 あかつきはすでに鹿児島県の種子島宇宙センターに運ばれており、3基も近日中に種子島へ運ばれる。

【関連記事】
「ほどよし」衛星9割安、横浜のベンチャー×東大 研究組合、汎用部品を活用
宇宙ごみでもうけましょう! 露が巨利狙って掃除船開発構想
まいど1号運用終了「新たな星になりました」
北の通信社が日本の衛星打ち上げを非難 「先制攻撃しようとしている」
2030年代に火星目指す オバマ大統領が新宇宙政策
外国人地方参政権問題に一石

「普天間、5月に決着する」日米首脳非公式会談(産経新聞)
堺1歳死亡 同居男「何度も暴力」 3病院、児相へ通告せず(産経新聞)
2億円強奪2被告認める 現送車襲撃初公判(産経新聞)
<盗撮>駅で女性のスカート内 JR運転士逮捕…千葉(毎日新聞)
<質問なるほドリ>アジア大会新種目、なぜ囲碁が選ばれたの?(毎日新聞)

4月の雪に行楽地悲鳴、灯油は売り上げ好調(読売新聞)

 4月なのに「銀世界」――。

 17日朝は関東甲信から東北南部の広い地域で季節はずれの降雪を観測し、花冷えを通り越して冬将軍が舞い戻ったかのような天気となった。

 普段の週末は家族連れでにぎわう行楽地も人影はまばら。都心ではストーブ用の灯油が真冬並みの売れ行きとなる一方で、クリーニング店にコートやセーターを持ち込む人が減るなどの異変が起きている。

 東京・練馬の遊園地「としまえん」では、乗り物にかぶせた雨よけシートに雪がうっすらと積もり、職員らは開園前、モップなどを使って解けた雪を払う作業に追われた。

 同園は晴天の週末、1日当たり5000人ほどの来園者を見込んでいるがここ数日間の来園者はダウンジャケットやコート姿が目立ち、客足もほぼ半減したという。

 広報担当の工藤真一さん(54)は「遊園地は天候に左右される商売。これからゴールデンウイークに向けてかきいれ時なのに……」と話した。

 最盛期を迎えた潮干狩りも、厳しい寒さで客足が遠のいている。浜松市西区の浜名湖では人出がめっきり減り、入漁料に期待していた地元の遊漁組合の担当者は「今日は風も出て気温も下がり、水に入れる状態ではない。このまま天候不順が続くとつらい」と話した。

 イベントなどの中止も相次いだ。栃木県日光市の日光二荒山神社では、予定された例祭「弥生祭」の花家体(はなやたい)行列が中止に。1200年以上の歴史ある行事で、日光観光協会によると、中止は1969年以来。同協会では「大粒のボタン雪がみるみる積もって道が真っ白になってしまった。地元に親しまれている行事なので残念」と話した。

 また、福島競馬場では、午前9時の段階で10センチの積雪があったため、予定していた全12レースを中止に。4月に雪で中央競馬の開催が中止されたのは、1954年の日本中央競馬会設立以来、初めてという。

 長引く寒さから灯油の売り上げは好調が続いている。東京都江戸川区などでガソリンスタンドを経営する共栄石油によると、4月に入ってからのストーブ用の灯油の売り上げは、例年の2倍以上のハイペースで、担当者は「こんなことは初めて」と驚く。狛江市の燃料販売会社ニシヤマでも、17日は開店直後から灯油配達の注文が相次ぎ、社員は「真冬並みの需要」と目を丸くした。

 街の商店にも影響が出ている。豊島区の巣鴨地蔵通り商店街の近くのクリーニング店「丸久」では、例年なら3月下旬から増えるコートなど冬物衣類の持ち込みが減った。同店の村川よしさん(71)は「冬物は例年の3分の1程度。早く暖かくなってくれないと、このままでは経営が苦しくなる一方」と頭を抱えた。

サクラの季節なのに… 練馬や箱根で積雪(産経新聞)
救急救命士国試、合格率84%(医療介護CBニュース)
車掌キセルに駅員関与…「気軽に応じてくれた」(読売新聞)
かくて国家や日本人の名誉は貶められる(産経新聞)
松本死刑囚への崇拝継続=09年オウム活動状況-公安調査庁(時事通信)

乗降中のバスに車が追突、9人軽傷…相模原(読売新聞)

 7日午後10時20分頃、相模原市南区東大沼の国道16号で、バス停に停車していた神奈川中央交通の相模大野駅発相模原駅行きの路線バスに乗用車が追突。乗客6人と男性運転手(29)が軽傷を負った。

 乗用車の神奈川県座間市の男性(23)と同乗の同県大和市の男性(39)もけが。

 相模原南署幹部によると、バスは、乗客を降ろしている最中だったという。同署で原因を調べている。現場は片側2車線の直線道路。

リンクシェア・ジャパン、シックス・アパートのウェブサイト管理ソフトウェア「Movable Type」に対応した、『LinkShare Affiliate Tools』を提供開始
病腎移植3例目はじまる 愛媛・宇和島徳洲会病院(産経新聞)
<訃報>西山静さん85歳=元東京商工リサーチ社長(毎日新聞)
電池入れ「バクだん」と書いた封筒、大阪市営地下鉄内で発見(産経新聞)
ケイト・ウィンスレットとサム・メンデス監督が離婚へ

公的年金、資産構成変更せず=次期運用計画を認可-厚労省(時事通信)

 長妻昭厚生労働相は31日、公的年金積立金を運用する独立行政法人「年金積立金管理運用」(GPIF)の次期中期計画(2010~14年度)を認可した。基本ポートフォリオ(資産構成割合)は現行計画と同じで、国内債券67%、国内株式11%、外国債券8%、外国株式9%、短期資産5%となっている。
 公的年金は、厚労省が提示した中期目標に沿って、GPIFが中期計画を策定し運用する。3月末に期限を迎えた同省の現行目標は、賃金上昇率を除いた実質的な運用利回りが1.1%を上回るよう定めている。
 厚労省幹部は当初、次期目標の運用利回りに関し、今後の経済情勢の変化を勘案して1.6%超にすることを想定。しかし、政府・与党が年金制度の抜本的見直しを13年ごろに予定していることなどから、厚労相の判断で利回り目標の提示を見送る異例の対応を決めた。
 その代わりとして、次期中期目標は「安全・効率的で確実なポートフォリオを定め、市場に急激な影響を与えない」と規定。GPIFはこれを受け、基本ポートフォリオの据え置きを決めた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

「ハイテク犯罪対策最先端担え」=人員増強、取締班設置-警視庁(時事通信)
密約文書欠落で調査委設置=廃棄の有無解明へ-岡田外相(時事通信)
地下鉄が壁に向かって逆走=運転士反対に乗り信号無視-大阪(時事通信)
「矯正可能性は絶無」大阪の強殺被告に死刑求刑(読売新聞)
児童の性的虐待、実父が最多…発見より難しく(産経新聞)

地下銀行営業でベトナム人4人逮捕=約30億円を送金-宮城県警(時事通信)

 地下銀行を営業しベトナムに不正送金したとして、宮城県警組織犯罪対策課などは26日までに、銀行法違反(無許可営業)容疑で、同県栗原市築館下宮野、中古機械輸出会社社長グェン・バン・トウアン容疑者(27)ら同国籍の男女4人を逮捕した。同課は、2008年1月から昨年10月までに約30億円が送られたという。
 逮捕容疑によると、4人は共謀して昨年5~8月、ベトナム人の研修生ら6人から約83万円を預かり、仲間の1人を介してグェン容疑者の会社に送金、無許可で銀行業務を営んだ疑い。 

【葬送】川上隆久氏(産経新聞)
長官銃撃、時効後の「オウム名指し」に批判も(読売新聞)
男性の大腸がんリスク、マグネシウム摂取量高いほど低下傾向
<ジュニア本因坊>神奈川の石原君が優勝(毎日新聞)
足利事件再審 裁判長の謝罪全文(産経新聞)
プロフィール

Author:みずのまさゆきさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。